スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

介護用ロボット「ROBEAR」登場♪

ライフイベント 介護 老人
写真:livedoor
理化学研究所から介護用のロボットが発表されましたね~!!

介護業界のスタッフさんは、重労働の激務をこなされていると思いますが“介護”って大変ですよね。家族も本人もスタッフさんも…

これまでのロボットは主に産業ロボットやホビーロボットが目についていましたが、やっとまともそうな感じの介護ロボットが登場して介護の未来も明るくなってきたんでしょうかね!?

日本ってロボット開発技術では世界の一、二を争うほどの実力を備えているんですが大きな問題があってその力をより良い生活環境の創設に発揮できていない現状があるんです。
正に、宝の持ち腐れ状態です。

「何で!?」と思われるかも知れませんが、日本国内でロボットが人間の生活に活かされきれていない最大の要因は、法整備の遅れと行政間の連携不足が最大の原因のようで、例えば車椅子の機能を有したロボットを開発して製品化しても厚生労働省の介助器具の認定は取れても、一般道の走行が禁止されたりとか規制のハードルが高く市販までこぎ着けないパターンらしいです。

そんな日本の足踏み状態を外資企業は良く見ていて、国家サポート付きで自国へそんな企業を招き入れるラブコールを送り続けていたりします。

日本も最大の強みを活かすべく、このあたりは迅速に規制緩和して欲しいところですね。

そして、高齢になられた方々が安心して介護を受けることができるよう切に願います。


♂ELAMICA



スポンサーサイト

tag : 介護 老人 施設 デイサービス

クリスタルガイザー寝袋

ライフイベントコミュニティ|のん太|ネコ
こんばんにゃ~

今日はこんなにイイ寝袋をもらって、ちょっと気分がイイのです

ビニールっていうの?コレが中々温かくて気持ちいいし、噛めばパリパリって面白い音がでるし、ちょっと感動にゃ♪

ご主人さまは、今夜はまだお仕事してるけど僕は床で大人しくクリスタルガイザー寝袋で待ってまーす。


のん太



tag : のん太 ネコ ペット

イベントの節々に作る料理のパエリア

ライフイベントである記念日やバーベキュー、普通のパーティの時に、私の気分が良い時にだけ作る料理がパエリアなんです。
出来上がりは手間の掛かる料理に思えますが、一度覚えてしまえば意外と簡単にできちゃったりするイベント向きの手料理です。
アリメ パエリア Paella
写真は、以前横須賀の猿島という無人島でバーベキューをした際に海岸で作っているイカ墨のパエリアですね~。調理中の写真なので見た目は良くないですが、とても美味しくできました!!

スペインがパエリアの発祥地とされていますが、スペインの各家庭には“おふくろの味”が存在しているようで、母親の味が代々受け継がれるようですね。






こちらの写真は、海鮮パエリア♪
エビ、はまぐり、ホタテ、イカと…とにかく何でも入れちゃうのが美味しく作るコツのように思っています。
ありがとうメッセージ パエリア Paella

ベジタブルパエリアでしたら、ご高齢のおじいちゃんやおばあちゃんでも、お米が柔らかいので食べれちゃいますね♪

パエリアのレシピは、クックパッドさんのサイトや個人のブログ等インターネットには沢山紹介されていますので特別なライフイベントの時にでもチャレンジしてみては…!?





あっ、美味しく作る時に大切なものがあるのを紹介するの忘れてました!

必ず感謝の気持ちである“ありがとう”のメッセージを込めて作って下さいね♪


♂ELAMICA



tag : クックパッド パエリア 手料理 ライフイベント 母親 祖母 老人 ありがとう メッセージ 感謝

メッセージの配達率って低いんじゃないかな!?

ライフイベント コミュニティ
最近、死後に“ありがとう”の気持ちを伝えるラストメッセージを送るサービスが増えてきていますが、生前に登録した手紙が相手に届く確率ってどれくらいなんでしょうね?

到達率を明示してるサービスなら予め不達率も判断できるので安心して利用できそうですが、この確率を明示してないサービスは料金だけ取られて、まったく送付されないなどのリスクも考えられますね。
ラストメッセージサービスや終活サービス業界で何らかの指標を作成しないと利用者は困惑しそうです。

一番わかりやすいのは、「到達率」とかですかね…!?

自分が死んでしまった後のお話ですので、仮にゼロパーセントでも確認のしようがありませんもんね(^_^;)

ラストメッセージサービスを利用する場合は、運営企業の規模やサービスの充実度など、保険会社のようですが“業界ナンバー1”のサービスを選ぶのが得策かもしれませんね。


♂ELAMICA



tag : 終活 ありがとう メッセージ 到達率 不達率 業界ナンバーワン 指標 保険 手紙 配達率

ご両親を一人田舎に残されて都会で働いている方は心配ですよね?

LifeEventCommunityIcon|200-144
なんて、タイトルのような心配ごとを抱えながら生活している方って多いんじゃないでしょうか?

地方から都会へ出てきて仕事をされている方は、ご両親をひとり田舎に残したままに…

“いつも元気だよ”って遠く離れていれても分かるサービスがないもんですかね~(^_^;)

最近のハイテク家電製品では、ポットに携帯を組み込んで電気ポットを使うたびに信号(ハートビート:鼓動)を発信、通知するものもあるようですが、携帯回線を使ったサービスは当然ながら月額の使用料が高かったりして中々新しいインフラとして定着していない現実ですね。

回線の料金が高いからと言って、インターネットの回線を用意したところでお年寄りには使えず、悩ましいところです。
私の母親は既に亡くなっていますが、ご健在の方にとっては重要な問題…

お年寄りの方々でも意識せずに使えるサービスや仕組みが一日も早くできるといいですね。


♂ELAMICA



tag : 終活 エンディングノート 死亡 安否 確認 保険 訪問 介護 養護 施設

アラフォー女子は婚活が難しいのか?

LifeEventCommunityLogo|200-63
先日、仕事でお付き合いのある方とのお話の中でアラフォーシングル女子が周りに大勢いらっしゃるとの事で、婚活パーティーや合コンを企画できないか…との内容。

先に申し上げておきますが、今回の投稿記事に回答はありませんので、答を探されている方には参考にならないと思いますので叱らず…(^_^;)

男性目線で申し訳ありませんが、アラフォー世代の女性自身が考えてる事を何となくイメージしてみると…

1.仕事もプライベートもある程度充実し日々のライフイベントを楽しんでいる。
2.経済的にも挙式費用などの最低限の預貯蓄が出来ており何時でも結婚できるが、老後の生活費までは確保出来ておらずこれからの頑張り次第。
3.充実した日々を送れていても、将来に対する不安要素が無くならず、モヤモヤ何かが足りない感じ。
4.結婚したい男性像の理想が高く、自分の周りに数人候補がいるものの自分に興味を持ってもらえない。
5.付き合う男性のレベルをちょっと下げてみて付き合ってみるものの長続きせず、いつも恋愛関係は結婚手前で終了。
6.理想の男性に中々巡り合えないことから“男性との付き合いは体だけでもいいや”と打算的になっている。
7.一人でも力強く生きていくと心のどこかで誓っている。
8.一人の寂しさからペットを飼ったりしている。
9.老後の住まいを確保するために元気なうちに住居を購入している。

すいません、女性の方々からひんしゅくを浴びそうな内容ですが、私個人のイメージとしてご容赦くださいませm(_ _)m

話を先に進めますが、世の男性が思っているであろうアラフォーシングル女性へのイメージは…
1.真剣に付き合うと重そう…。
2.どうせ付き合うなら若い方女性の方がいいかな…。
3.体だけの関係なら手っ取り早くていいかな…。
4.これはアラフォーに限ったことではないかも知れませんが、経済的に裕福な男性は「お金目当て」?思ってる方もいらっしゃるかと…。

続いて、結婚に対する男性の意識をイメージすると…
1.安定した職業についてるけど、いつクビになるか分からないから他人の人生はしょえない。
2.子育をするよりも自分のライフイベントを楽しみたい。
3.二人よりも一人で気楽に生きていきたい。
4.マイホームなどの大きな買い物などする気が無いので、気楽なシングルがいい。

色々なご意見があると思いますが、ざ~っくり考えるとこんな感じなんでしょうかね!?

昭和時代を生き抜いてきた男性の諸先輩方は男気があり、いわゆる“頼れる存在”なんですよね。これに比べ裕福ボケしている日本人男性はどこか頼りなく、男気を感じない男性が増えてきており女性の男性像と現実とがかけ離れ、若いうちに結婚できず気が付けば40代…

日本社会も男性と女性の入れ替わりが顕著になりつつありますが、この先の日本で結婚しようと思ったら女性が男性を養う心意気があれば叶うのかも知れませんね。

社会での男性は基本的に他に頼るものが無い状態で生きてきましたし、生きています。しかし、女性は他に頼るものを必要とする考え方であり、これが結婚という儀式に辿り着きます。女性の社会進出が進むにつれ、この“他に頼る”ことの考え方をそもそも修正する必要性が出てくる気がします。他に頼ることなく生きることができれば結婚は子孫を残すためだけの儀式に変化していくのではないでしょうか?

数日前の投稿記事にもありましたが正に「おひとりさま出産」が現実味を帯びてきます。。


♂ELAMICA



tag : アラフォー 婚活 合コン 結婚 挙式 ウェディング

今夜の夜食はにゃ~

ライフイベントコミュニティ|のん太
にゃ、にゃんと!!

今夜の夜食は…ムフフ…

今や、希少価値の高い…そうにゃ~

「ペヤング ソース焼きそば」にゃ~

きゃべつが一番うまいにゃ~~~


のん太



tag : のん太 ネコ ペット

桜を見ながらお花見パーティーイベント

ライフ イベント コミュニティ 桜

今年も間もなく春、さくらの季節になりますね。年を取ったせいか、毎年楽しみになり私のライフイベントの一部になりつつあります。

桜の季節と言えばお花見パーティーですが、近年は公園等での規制が厳しくなり昔ほど盛り上がっているイメージがなくなってきてますね。

関東近辺ですと…

靖国神社から千鳥ヶ淵
上野公園
目黒川沿い
新宿御苑
代々木公園

辺りが有名どころですが、皆さんは毎年どちらに行かれますか?

長野だと、高遠城址公園が有名みたいですが私は行ったことがありませんので、一度は見てみたいと思います。

お花見パーティーを兼ねて合コンや婚活なども良いかもしれませんね。日頃のうっぷんを晴らすべく、お花見を今年も楽しんじゃってくださいね!!


全国のさくら開花予想はこちらでご確認頂けますのでリンクを張っておきます。
さくら開花予想2015


♂ELAMICA



tag : ライフイベント お花見 さくら パーティー 婚活 合コン

コミュニティ運営のアシストスタッフを紹介♪

ライフイベントコミュニティ|のん太
当コミュニティのアシスタントスタッフを紹介します♪

名前は「のん太」です。
みなさんからのコメントを楽しみにしておりますので思ったことなどお気軽にコメント宜しくお願いします。

のん太もときどきコメントしますのでお楽しみに~♪


♂ELAMICA



tag : ペット のん太 サブアシスタント ライフイベントコミュニティ ねこ ネコ

急に重大に病を患い、延命治療の選択を迫られた時に…

LifeEventCommunityLogo|200-200
昨日も民放TVで“終活”に関するスペシャル番組が放映されましたが、終活やエンディングノートに対する社会の理解度もここ数年で随分と高まってきています。
また、本来はネガティブに陥りがちな事柄にも終活に参加する方々はポジティブに捉え、残りの人生をいかに有意義に過ごすかを真剣に考えられている様子が紹介されていました。

そんな紹介映像の中でも特に印象の強かったというか、自分も経験したタイトルについて考えてみます。

実は、2005年頃に私の母親が子宮系のガンになっていることが判明し、当初は離れて住んでいた事もあり地元の大きな病院へ入院させ精密検査などを繰り返す日々が始まりました。
しかし、時すでに遅くその病院ではオペができない状態との事で延命措置を無条件で進めていました。

他に手だてがない事もあり、中々治療してもらえない気持ちが母親の気持ちとして芽生え始めたようで、前代未聞の事件が起こるのでした…

なんと、母親は入院中の病院から119番してしまい、「助けて~殺される~」と救急コールをしたようで後にナースさんから「入院中の病院から救急車を呼ぶなんて前代未聞です!」っときっぱりお叱りを受けてしまいました(^_^;)

病院側の気持ちも分からないでは無いですが、患者の気持ちを置き去りにしてしまった事も事実ですね。

そんな事件があった事もあり、妹の旦那さんの伝手でガン治療では有名な静岡県沼津市長泉にある「静岡県立 静岡がんセンター(http://www.scchr.jp/)」病院の病室を無理くり確保頂き転院入院させました。
がんセンターの医師、スタッフ様はとても丁寧で気持ちの良い対応をして頂き、院内での各種イベントなども多数開催されており余命を過ごす患者には天国のような場所でした。
こちらの病院でも精密検査を行い、分かってはいましたが結果的に治療不可との結論でした。

そして病院から提示されたプランは「延命治療」か「緩和治療」でした。
その時に私が考えたのは、延命治療は家族ための治療法。緩和治療は本人のための治療法…と理解し、家族とも話しをした上で本人の痛み、苦痛を取り除いてあげる事が最善との結論を導き出し、主治医に「緩和治療」をお願いしました。

家族にとってはつらい選択ですが、やはり本人にいかに負担をかけないか…がとても大切な判断基準になるのではないでしょうか?
緩和治療により本人も幾分楽になり、残された命の続く限りわがままを聞いてあげ、家族に付き添われながらお寿司を食べたり、院内で開催されるクラッシックコンサートを鑑賞したりと有意義な時間の中で最後を迎えていきました。
お見舞いに来られる方々とも楽しくお話をしていました。楽しく話している姿をみていると母親から発せられる「ありがとう」のメッセージが伝わってきました。

この時代ではさすがにエンディングノートなどの認識もなかったので作成しませんでしたが、これからの時代はできますね。

残された私たち家族も最終的には痛みが少なく限りはありますが、やりたい事をやり食べたいものを食べさせてあげらた事で気持ちの落としどころができ、失った気持ちの方向性を少しだけ変えられた気がします。

同じような境遇を迎えられた方の参考になればと思います。
また、このような事象もライフイベントの一部をなす事柄なんですよね。。悲しいですが。。

最後になりますが、母親の余命を有意義な時間に変えて頂きご尽力頂いた先生、看護師の方々に深く御礼申し上げます。本当にありがとう御座いました。


♂ELAMICA



tag : 終活 延命治療 入院 ガン 見舞い 付き添い 家族 エンディングノート

プロフィール

ELAMICA

Author:ELAMICA
日々の生活における色々なイベントや終活をメインテーマに自由に意見を交わせるようなコミュニティです。

のん太

Assistant Author: のん太
ときどき僕もコメントするにゃ♪


椀茶
登録無料のお勧めサービス
アリメ
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
PR
訪問者数
関連サービス
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Twitter
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

男40歳から始める婚活

ちょことまろん

ちひろ流 あんなことやこんなこと

女30歳、そろそろ孤独死の準備を始めましょうか。

FPと学ぶ生命保険を中心とした相続対策

乳がんとともに-まゆさの闘病日記

20年後の自分を想像しよう☆

かんも鳥のモノローグ

猫の足跡

怪適!テクテク画録!dash7

世界に「愛」を広げよう♡相思相愛♡シアワセの魔法

ひろかずのブログ

日々の出来事

coco-sora♥心空
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。